財団概要

目的

未来を創る人材の支援
「高い志」と「異能」を持った若者に自らの才能を開花できる環境を提供し、人類の未来に貢献する

活動内容

本財団では以下の事業を行います。

  1.  未来を創る人材への育英事業
  2.  未来を創る人材を育成するための施設運営
  3.  未来を創る人材を育成するための環境整備支援
  4.  未来を創る人材への支援者や有識者による会議や交流会の開催
  5.  世界の更なる文明の発達に貢献する分野の研究者及び研究機関への支援
  6.  その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

創設者のプロフィール

孫正義

1981年、「情報革命で人々を幸せに」のビジョンの下、株式会社日本ソフトバンク(現ソフトバンクグループ株式会社)を設立し、代表取締役社長に就任。パソコン用パッケージソフトの流通事業を開始する。1995年には米国Yahoo! Inc.に投資し、翌1996年に合弁でヤフー株式会社を設立。その後、ブロードバンド事業や固定通信事業などビジネス領域を拡大し、2006年4月にはボーダフォン株式会社(現ソフトバンク株式会社)を買収して移動通信事業へ進出。

現在、ソフトバンクグループ株式会社 代表取締役会長 兼 社長。国内通信事業会社であるソフトバンク株式会社 取締役会長などの役職に加え、中国の大手電子商取引事業者Alibaba Group Holding LimitedのDirectorや、2013年7月に子会社化した米国の通信事業者のSprint Nextel Corporation(現Sprint Corporation)のChairman of the Boardを務める。さらに2014年には人型ロボット「Pepper」を発表し、AIやIoT、スマート・ロボティクスにも注力する。

また、IoTを人類史上最大のパラダイムシフトと捉え、世界最大規模でマイクロプロセッサーの設計などの事業を展開する英国のARM Holdings plcを2016年9月に子会社化し、Chairman and Executive Directorに就任。さらに、2017年5月には、世界各地で社会・生活・ビジネスのあり方を変革するような最先端技術やビジネスモデルを持つテクノロジー企業へ大規模かつ長期的な投資を行うことを目指した10兆円規模のSoftBank Vision Fundを設立。

2011年3月11日発生した東日本大震災後には、自然エネルギー協議会、東日本大震災復興支援財団、自然エネルギー財団を設立。2011年10月にSBエナジー株式会社を設立し、クリーンで安全なエネルギーの普及にも取り組む。

財団情報

名称
公益財団法人 孫正義育英財団
設立日
平成28年12月5日
所在地
東京都港区東新橋 1丁目9番1号

役員一覧

理事
代表理事
孫正義 | ソフトバンクグループ代表
副代表理事
山中伸弥 | 京都大学iPS細胞研究所 所長/教授
理事
五神真 | 東京大学総長
佐藤康博 | 株式会社みずほフィナンシャルグループ 取締役会長
國部毅 | 株式会社三井住友フィナンシャルグループ 取締役社長 グループCEO
青野史寛 | ソフトバンク株式会社 専務執行役員 兼 CHRO/CCO
評議員
羽生善治 | 日本将棋連盟棋士
熊田博光 | 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 顧問
Bernhard Hodler | ジュリアス・ベア 最高経営責任者
永井浩二 | 野村ホールディングス株式会社 取締役兼代表執行役グループCEO
小林啓文 | 小林啓文法律事務所 弁護士
孫泰蔵 | Mistletoe株式会社 ファウンダー
監事
山田淳一郎 | 税理士法人山田&パートナーズ 名誉会長
中村直人 | 中村角田松本法律事務所 弁護士

財団生概要

平成29年度支援人材(第1期)
96人
年齢構成(2017年7月決定時点)
最年少:8歳
最年長:26歳
8~9歳:3人(5%)
10代:41人(40%)
20代:52人(55%)