佐藤正幸

佐藤正幸

2016年 アジアサイエンスキャンプ2016選抜 ”Best question award”受賞
2017年 慶應義塾大学 アカデミック・スキルズコンペティションにて”Can we produce designer babies in Japan?”の研究で、論文・プレゼン部門ともに金賞受賞

私の将来の目標は、医学研究と臨床の架け橋となれる医師になり、患者さんの幸福を生み出すことです。自らの知的好奇心と能力を遺憾なく発揮できる研究者としての夢と、直接人の役に立つことができる医師としての夢。二つの夢の実現のために、基礎・臨床一体型医療と臨床研究医の育成を推し進める慶應義塾大学医学部に2016年に進学しました。同時に、基礎研究、また近年医学に多大な影響を与えている(DNA自由編集技術や配列解読技術など)分子生物学を学ぶため、勉強の傍ら同学部塩見研究室に所属。我々のDNAの中で、自らをコピー&ペーストし増殖していく”レトロトランスポゾン”に魅せられ、研究を行っています。