森川実咲

森川実咲

高校2年生の時にタンザニアに留学
2017年 ニューヨーク大学アブダビ入学。公共政策を専攻予定

 

高校でのタンザニア留学を機に、多様性の中での学びの価値を見出し、海外進学を決意しました。難関ニューヨーク大学アブダビ校から全額奨学金を得ての進学を決め、現在は公共政策を中心に、リベラルアーツのカリキュラムで心理学・ジェンダー学など幅広く学んでいます。教育にも興味があり、NPO法人留学フェローシップのコアメンバーとして、高校生の主体的な進路選択をサポートしています。
孫正義育英財団財団生として、多方面で活躍する異能を持った同世代と交流しながら、お互いを刺激し合いたいと思います。