財団会員について

高い志と異能を持つ若者を財団会員として認定し、才能を開花し、未来をつくる人材として羽ばたくための様々な支援を提供します。

新しい価値観やテクノロジーに触れる環境や、一流の志を持つ仲間との交流する機会に加え、必要に応じて夢を実現するための支援金の提供など、志を持つ皆さんが生涯をかけて登るべき山を見つけるための様々な場を提供していきます。
財団会員エントリー応募
選考
財団会員(共同施設利用・イベント参加)
選考
財団会員のうち
希望者のみ
支援給付対象
支援対象として本財団から認定を受けた方は、本財団の会員となります。
会員のうち、希望者で選考通過した方へ支援金を給付します。

支援内容

共有施設の利用 全財団会員が利用できる施設を提供いたします。(東京都内)
研究や開発などの様々な活動や、会員同士の交流の場として活用いただけます。
会員認定日から1年間有効、最大5年間会員として在籍可です。1年に1度、延長希望を確認します。
イベント開催 財団理事をはじめとした、各業界の専門家や有識者による講演会・ネットワーキングイベント(不定期)を開催します。
支援金の給付 進学・留学に限らず、将来経験したいことや今後成し遂げたいことを応援するための支援をひとりひとり検討していきます。
選考過程で個別にお話を伺いながら、支援内容・金額を決定いたします。(給付期間:最長4年間)
原則として、返済の義務はありません。
支援金給付者の進路、その他一切については、本人の自由とします。

(例)
・新しいテクノロジーの研究・開発費用の一部もしくは全額支援
・起業や社会活動に関わる準備費用の一部もしくは全額支援
・留学や進学費用の一部もしくは全額支援

支援対象

応募時点で25歳以下で、(1)から(5)の応募資格いずれかを満たしている方が支援の対象となります。
その中で支援金給付を希望し、選考を通過した方が支援金給付対象となります。

(1)分野は問わず、国際大会または全国大会規模のコンテストにて優秀な成績をおさめた方
(2)国際的に通用する資格または団体に所属している方
(3)学業で優秀な成績や成果を修めている方
(4)自身の経営する事業にて業績を出している方
(5)本財団事務局が出す論文選考で優れた思考を発揮している方
※論文テーマは応募者に個別にご連絡いたします。主にテクノロジー分野の複数テーマより選択いただけます。 ※論文は応募用紙を印刷の上、簡易書留で郵送いただきます。提出期限は2017年2月28日(火)の消印有効です。
※(5)で応募する場合、2017年2月28日(火)18時までにフォームよりご応募ください。18時以降は受付できかねますのでご注意ください。