森本優貴美

森本優貴美

2015年 超伝導材料の研究ポスター発表で国際学会INC(International Nanotechnology conference on Communication and Cooperation)11にてYoung Researcher Poster Awardを受賞(福岡県)
2020年 マサチューセッツ工科大学卒業(電気工学学士)

小さいころからものづくりに興味があり、中学時代にはロボットコンテストに出場しました。
高校時代に、科学技術振興機構主催による九州大学の高校生向けプログラムで超伝導の研究を開始し、電気材料の面白さを知りました。高校卒業後、ずっと住んでいた熊本を離れマサチューセッツ工科大学に進学。学部では超伝導のナノワイヤーやマイクロワイヤーで単一光子を検知する研究を行っていました。修士課程ではさらに知識や技能の幅を広げるため、回路関連の研究を行う予定です。