徐亜斗香

徐亜斗香

途上国の子ども達の教育向上のための取り組みを行っています。
国連日本代表部でのインターンシップを実施
2015年 ニューヨーク大学アブダビ校入学
2016年 2017年の2年間で18カ国訪問

 

「百聞は一見に如かず」を自分のモットーに掲げており、さまざまな国を訪れては実際の現場を視察し、自分が今できることを行動に移すように心がけています。今はテクノロジーと教育の融合にひかれており、マイコンボードを用いた教育資材作りや機械に画像認識をさせてどのようなアウトプットを引き出すか、といった取り組みに励んでいます。近い将来は大学院に行き、国連のUNICEFやUNDPで働いてから途上国の子ども達の教育と生活向上に携わるNPO/NGOを立ち上げたいです。その他、伝える媒体としてニュースキャスターにも挑戦してみたいと思っています。孫正義育英財団準会員として、あらゆる分野で活躍する他の会員の方々と革命的な化学反応を起こしたいです。