大西拓磨

大西拓磨

1999年横浜生まれ。東京藝大建築科中退後、生活保護、ホームレスを経てインディーデザイナー。2019年、4つのハイレンジIQテストの世界記録を更新、NHKのドキュメンタリー『素顔のギフテッド』に出演。2020年、半生を綴ったネット記事『僕のしょうもない人生を紹介します』が170万PVを超える反響を呼び、TBS『林先生の初耳学』で林修と対談。日常的な文脈をハックするいたずらのような作品やパフォーマンスをはじめ、近年はWeb上で遊べる体験型コンテンツを自主制作している。おもな作品に、絵画のようなIQパズル『欠片』(ナゾアワード2020新人部門銅賞)、Web3Dを用いた彫刻のような謎解き『SPACE』(ナゾアワード2021デジタル部門グランプリ)、インスタレーション構想『穴』(異能Vation2020ノミネート)、フリーゲーム『テトリオ』など。