迫田大翔

迫田大翔

2018年 RoboCupJunior Japan Open出場
2019年 AwardQモデリングコンテスト入賞&U18特別賞受賞、未踏ジュニア採択&スーパークリエイター認定
2020年 情報処理学会中高生研究コンテスト 研究賞奨励賞受賞
2021年 未踏IT人材発掘・育成事業採択、Diver-X株式会社設立 シード資金調達、情報処理学会中高生研究コンテスト 情報処理委員長賞受賞

幼少期から電子工作に興味を持ち、2歳頃に廃棄するビデオデッキの分解をさせてもらったことが、初めて電子回路・機械に触れた経験でした。中学ではロボカップに出会い、独学でハード・ソフト両面に対する理解を深めアイデアを形にする力をつけました。

「フルダイブ技術の実現」が私の情熱の原点です。生活を豊かにする科学技術の発展を待つ側ではなく、自身が発展と喜びを創造する第一線の人間となること。XR技術によって人間の認知可能な世界を更に広げ、生活の質を向上させること。これが私の目指す世界であり、成し遂げたいことです。