ユング開

ユング開

2010 – 2015年 RoboCupJunior/ World Robot Olympiad の世界大会7回出場、世界一を含め6回メダル獲得。
2017年 – 2021年 大学のロボティクス部の設立・運営・プロジェクトリーダー等
2017年 – 現在 RoboCupJunior Rescue 国際技術委員 (2020 – 2021年 委員長)
2020年 査読論文の国際学会発表 (ICRA) /ジャーナル掲載 (RA-L)
2017 – 2021年 各学年で最高段階の成績 (Class I) を取得
2021年 ケンブリッジ大学工学部修了 上位10%
2021年 スイス連邦工科大学ローザンヌ校 (EPFL) で博士課程を開始

小学生時代にレゴマインドストームと出会って以来、ロボット活動に没頭しています。中高生時代は自律型ロボットの大会に6年間競技者として参加し続けました。

2017年から2021年の間はケンブリッジ大学で情報工学を学び、入学当初から立ち上げに深く関わってきたロボティクス部の運営を始めとする工学プロジェクトに取り組んできました。他にも、大学のリサーチラボでの研究やRoboCupJunior Rescueの国際技術委員会での活動も行っています。

2021年の秋からはスイスのEPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)で4年間の博士課程を開始します。EPFLではロボットハンドなどに関わるロボットハードウェアの研究を行う予定です。今まで培ってきた知識・技術をもとに、人々の生活を支え社会の一部となるようなロボットの研究と開発を将来の目標として掲げています。